HOME>トピックス>カートリッジで皮膚の深層部から浅い部分までアプローチ

新しい切らないタイプのフェイスリフト

注射を打つ

年齢とともにハリがなくなるとたるみとなって崩れてきてしまいます。アンチエイジングに興味はあるけど、メスを使うのは抵抗がある、そんな人におすすめしたいのが切らないタイプのフェイスリフトです。このアンチエイジングでは高密度焦点式超音波を用いることで、たるみを治療します。超音波が皮膚の下にある表在性筋膜層にまで到達するので、熱を与えて筋肉を引き締めるメカニズムです。目の下のたるみにも効果をもたらします。

超音波で皮膚の薄い部分も安全にケア

注射器

高密度焦点式超音波を用いることで、皮膚が薄い目の下のたるみも安全にエイジングケアをすることができるようになりました。高密度焦点式超音波でエイジングケアを行う場合、カートリッジを使い分けます。目の下のたるみ治療においては、皮膚の浅い部分にアプローチ可能なカートリッジを用います。超音波によるリフトアップは、手術を必要とするリフトアップと同じ効果を得ることができるのが特徴です。しかしながら、使用するのは超音波だけで、超音波がたるみに働きかけるので手術の必要はありません。さらに、ダウンタイムが一切ないので、施術を受けた後はメイクをして帰宅することができます。

広告募集中